×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セカンドライフで遊ぶには

日本語版でも遊べるようになったセカンドライフ、まだまだ人気爆発とはいきませんがこのゲームにかなりはまってしまって 寝不足になるくらいしている人がいるのも確かです。 セカンドライフでの遊び方は自由に色々な場所へ行ったりしてオブジェクトを作成したりしてください。 基本的な遊び方には見る・話す・作るの3種類があります。 ■見る 各島(SIM)の探索方法 1.セカンドライフ内の下の方にある「検索ボタン」を押して、タブに英文字で行きたい場所を入 力します。(例えばjapan tokyoなど)   打ち込んだら検索して一覧から行きたい場所を選び、「テレポートボタン」を押します。 2.セカンドライフ内の下の方にある「地図」をクリックし、画面右の地域名で検索のところに 英文字で行きたい場所を入力し、横の「検索ボタン」を押します。   一覧から行きたい場所を選び、「テレポートボタン」を押します。 ■話す 「チャットボタン」を押して、白いバーのところに話したい文字を打ち込みます(日本語OK)。 文字を打ったら「言うボタン」または「enterキー」を押しましょう。 ■作る ・アバータ(アバター)  本人のところで右クリックをして、容姿、髪型、目の大きさなど色々変更してください。  洋服は、freeのアイテムが置いてある島で入手してください。 ・オブジェクト  適当なところで右クリックをして、四角などを選択して加工してみてください。 ・LSL  新しいスクリプトを押してエディターでプログラムを記述してください。  動きをつけたいときなどに使用してください。 セカンドライフで遊ぶにはパソコンのスペックにもこだわる。数年前のスペックで遊ぶと動きがカクカク したり画面がかたまったりします。パソコンがフリーズしない為の最低限のスペック     

パソコンのスペックを上げる

以下はパソコンが固まらないための最低限の仕様です、できればこれ以上が望ましいです。 パソコン: Pentium III 800MHZ 以上かもしくはAthlon、メモリは 256MB 以上
OS: Windows XP (SP2) / 2000 (SP4)
ビデオカード: nVidia Geforce 2 (32MB RAM) 以上、または ATI Radeon 8500 (32MBRAM) 以上
インターネット接続:ケーブルモデム、LAN (ダウンストリーム 256kbps以上)
落ち着いてサクサクゲームを楽しむには CPU:Pentium 4 1.6GHz もしくは Athlon 2000+ もしくはそれ以上
OS:Windows XP (Service Pack 2)もしくは Windows 2000 (Service Pack 4)
メモリー:512MB 以上
グラフィック:nVidia Geforce FX 5600, Geforce 6600 もしくはそれ以上ATI Radeon 9600 X600 もしくはそれ以上
接続速度:Cable もしくは DSL

老人介護施設で暮らすということ/ 高齢者に優しい家/ お年寄りと障害者のボランティア/ 福祉に関わるボランティア/ 海外でボランティア/ 治験ボランティア/ 排卵検査薬で妊娠をチェック/ オール電化住宅エコキュート/ セカンドライフ初心者編/ セカンドライフで遊ぶ/